2019年 3月 JBLイベント報告


3月に行われた、L-100 Classicと4312Gの試聴会報告をします。
両モデルの初代機は共に1970年代に活躍、世界的には"L-100 Century"がヒットしましたが、
日本ではご存知と通り4311,4312などモニター系が大ヒットし、JBLの代名詞となりました。
奇しくも2018年に両者が揃う事は大変驚くと共に、そのフィロソフィーが普遍的であると感じました。
まずは、L-100 Classicから報告していきたいと思います。

最初に目を引くのが、独特のフロントグリルです。
このグリルは意匠だけでなく、調音も兼ねた大変合理的な設計です。
復刻するにあたりCenturyより箱サイズを大型化、単なる復刻モデルではなく、
JBLが21世紀に提案する新しいモデルを創るという意気込みの感じる作品です。
アンプはイメージに合わせて、LUXMANの真空管アンプ(LX-380)をチョイスしました。
この組み合わせでは、中低域がたっぷりで長時間聴いても疲れない優しい音でした。
フロントグリルを外して聴いてみると、音の定位感や切れ味が増します。
好みによりますが、スタンドの選択やグリルの有無、アンプの選択で印象が変わりそうです。
特に専用スタンド(JS-120)は華奢で頼りない印象ですが、
絶妙なさじ加減のチューニングとデザインで、コンセプトを決める重要なポジションにあると言えます。
最後にこのスピーカーは、単に復刻を優先して製作されたのではなく、私たちのライフスタイルの中で
長く付き合える素質(デザイン・サウンドなど)を持ったスピーカーと言えます。


ここでは、4312シリーズの最新"G"モデルについて報告します。
4312シリーズは、JBLを代表する云わば"顔"と呼べる機種です。
歴代より多くの話題と注目を集めてきた分、最新型にも期待が高まります。
基本的な部分は限定モデル"SE"を引き継いながら細部をブラッシュアップ。
外観も伝統的な300mmホワイトコーン・ウーハーを搭載し、一目でわかる意匠です。
"SE"から3ウェイ化された事は、シリーズ史上最大の刷新と言えるかもしれません。
3ウェイ化でよりワイドレンジになり、様々な音楽ソースに対応可能になりました。
聴いた感じは、300mmウーハーのダイナミックな表現とメリハリの利いたサウンドです。
4429などの上位機種の技術が利いているのか、特定の部分を強調した感じはありません。
モニター的な性能も難なくこなしつつ、きちんとJBLの遺伝子を引き継いでいます。
ベテランから初めてオーディオに触れる方まで幅広くおすすめ出来る製品です。

試聴会をおえて
今回、L-100 Classicと4312Gは共に1970年台にルーツを持つ製品達です。
両者ともK2 S5800で培われたユニットや技術を用いて開発されました。
この双子の兄弟達は明確なコンセプトの下、全く違うサウンドを提供してくれました。
4312は半世紀にわたり改良を加えながら"G"モデルまで成長を続けました。
L-100は半世紀の時を経て、再度私たちの前に戻ってきてくれました。
2018年にこの兄弟達が再び出会った偶然が、今回の試聴会の最大の意義だと思います。
JBLは、創業者を始め多くの技術者の情熱と先進的な製品で世に問いかけて来ました。
そしてこの面白いメーカーには、まだ沢山の遺産が眠っています。
これからもJBLはそうであって欲しいと願っています。
ご参加頂いたお客様並びにメーカーご担当者様、有難う御座いました。

2019年 1月 LUXMANイベント報告


オーディオショウでも話題を集めた、NeoClassicoⅡsiriesと
アナログプレーヤーPD-151で行った1月の試聴会をレポートします。
下記では、各機種について感想を述べたいと思います。

1. NeoClassicoⅡSQ-N150 / 定価:228,000円(税別)
真空管アンプらしい王道のデザインをA4サイズに収めた意欲作です。
出力管にEL84を使用、5極接続プッシュプルで10W+10W(6Ω)の出力です。
アナログメーターの採用やフォノ入力(MM/MC)の搭載など充実の内容です。
試聴会でも1番人気の機種で、多くの方からご好評を頂きました。
2. NeoClassicoⅡD-N150 / 定価:188,000円(税別)
SQ-N150と対のデザイン、A4サイズに収めたCDプレーヤーです。
上位機種にも採用されている高信頼CD専用ドライブメカを搭載です。
USB端子を装備し、192kHz/32bitまでのPCファイル再生に対応します。
近年新型CDプレーヤーは貴重な存在で、小型機種が出た事は大歓迎です。
3. PD-151 / 定価:298,000円(税別)
PD-171でアナログプレーヤーに復帰したLUXMANの最新戦略モデルです。
ベルトドライブ方式の命とも言えるモーター部分を約2年かけて開発しました。
PD-171で得られた技術を惜しみ無く投入、30万円を切る定価設定は野心的と言えます。
上位機種では不可能だった、78回転の使用可能、PD-151の価値を高めてくれます。

当日試聴会に足を運んで頂いた方、誠に有難う御座いました。

2018年 9月 MarkLevinson第2回試聴会 レポート


1回目を超える豪華なラインナップを揃えての試聴会となりました。
個人的に楽しみだった、No.523(プリ)が聴けて大満足です。
ここでは、No.523についてレポートします。

MarkLevinsonはLNP-2に始まり、多くの名作プリアンプを遺してきました。
黒いボディーに赤いディスプレイ表示、ノブ・ボタン類を白でまとめた高級感あるデザインです。
本体も高さ102mmと低く抑えられ、デザインと相まって都会的で知的な雰囲気を纏っています。
最上位機種内蔵のフォノモジュール技術をベースに新設計のクラスA動作のフォノイコライザー搭載。
MM/MCの豊富な設定が可能で、ご使用のカートリッジに的確に対応、サウンドの幅が広がります。
試聴会では、No.515(レコード)を使用して多くのお客様にアナログの奥深さをご体感頂きました。
ご参加頂いた方、機材と設置にご協力頂きましたメーカー様有難う御座いました。

2017年 4月 TAD Micro Evolution One 試聴会 レポート


いま話題のMicro Evolution Oneを中心にすべてTADブランドで固めた試聴会です。
TADは名門パイオニアの流れを汲み数々の名門スタジオに納入実績のあるブランドです。
当日は、フリー試聴会形式で2日間メーカーご担当者様よりお客様にご対応頂きました。
今回は主役のスピーカーについてレポートします。

堅牢で美しい仕上げを施した筺体にウーハー+同軸ユニットを収めた3ウェイ構成のスピーカーです。
私個人ではこのスピーカーに以下のような印象を持ちました。

1. 立ち上がりが速く安定した音像定位と豊かな低域表現を備えたプレミアム・コンパクト機
2. 本体の設計・製作レベルが高次元まで高められた日本製ならではの「ものづくり」
3. ユニット等の癖などで作品のイメージを崩すことなく、安心して音楽に集中出来る「おとづくり」

現在100万円台の高級小型スピーカー市場は、B&Wをはじめとした海外メーカーが強い層です。
その中で、入力から出力までの機種を揃え、録音・製作現場にも深く関わるTADの音造りは、
他メーカーには真似できないオリジナリティーを持った魅力ある製品と言います。

2017年 3月 LUXMAN大商談会 レポート

名門国産メーカー、LUXMAN社の現行機種を一同に集めた大商談会企画です。
四国初上陸の機種も含む、充実した2週間のイベントでした。
同社フラグシップ機や各種アンプの比較試聴など多くの方にご来店頂きました。
LUXMAN社はじめ営業様などご協力頂き、誠に有難う御座いました。

主力のトランジスタアンプを集めたコーナーです。
LUXの主力価格帯なので、多くの方にご試聴頂きました。
PD-121を彷彿させる新型アナログプレーヤーにも人気が集まりました。

38世代には懐かしい真空管アンプ・CDプレーヤーのコーナーです。
木枠の意匠が与えられたビンテージ感溢れる趣味性の強いラインナップです。
LECUA(電子ボリューム)を管球アンプで初搭載したLX-380に時代の流れを感じます。

プリメインTOPモデルのL-590AX2と700シリーズのセパレートアンプの展示です。
この価格帯(50万円以上)からアンプ重量が大きくなり、設置に一苦労です。
流石にセパレートアンプは見た目にも価格にも迫力があります。

最後を飾るのはLUXが誇るフラグシップ機を集めた試聴室での一枚です。
900シリーズと並んで同社管球アンプの最高峰、300Bを冠したパワーアンプMQ-300!
豊潤で美しい音色を引き出しお客様を魅了!早く対になるプリアンプをLUXさんお願いします。
また、私の記憶ではES-33以来の本格的なクリーン電源システムES-1200も注目の商品です。
最大1200VA、8口のAC出力を備えながら重さ17.5kgという驚異の軽さを実現した画期的な製品。
メーカー様の技術開発力と絶えず新製品を出して頂ける姿勢には本当に頭が下がります。
ページのトップへ戻る

IN THE MOOD
〒761-8081
高松市成合町25-2
TEL:
087-885-5484
FAX:
087-885-5607
営業時間:
AM10:00~PM6:00
定休日:
木曜、第1・3水曜日
ページのトップへ戻る